B&B ITALIA MAXALTO

DOSHI LEVIENドーシ・レヴィエン

ドーシ・レヴィエンは、国際的に評価の高いデザインスタジオであり、デザイナーのニパ・ドーシとジョナサン・レヴィエンによって立ち上げられました。ニパはインドで育ち、チャールズ&レイ・イームズの提唱により設立された国立デザイン研究所で学びました。ジョナサンは、高級キャビネットの制作を学んだ後、工業デザインの道に進みました。2人は英国のロイヤル・カレッジ・オブ・アートで出会い、ロンドンのスタジオで10年以上にわたり共に働いています。
ニパとジョナサンの作品には多くの世界観が表現されています。ニパのアプローチは彼女が過ごしてきた複数の生活環境と、視覚文化への鋭い洞察力に根ざしています。ジョナサンのアプローチは、工業的な精密性を素材への深い理解や職人の技が持つ感受性に結びつけることから生まれます。領域や業界を超えて生み出されるドーシ・レヴィエンの作品は、異種の掛け合わせであることを称え、文化、技術、工業デザイン、そして熟練した匠の技の一体化を探求しているのです。彼らは業界のリーダーであるモローゾ、クヴァドラ、B&B ITALIA、カッペリーニ、カンペール、スワロフスキ、ギャルリー・クレオ、また、美術館や文化施設向けにも作品を作り出しています。
2008年、ニパとジョナサンはニューヨークのクーパー・ヒューイット国立デザイン美術館から名誉あるフューチャー・レジェンド・オブ・デザインを贈られました。基調講演のスピーカーとして招待されたり、国際的な講義や重要なデザインの審査を行ったり、また母校であるロイヤル・カレッジ・オブ・アートで教鞭をとったりしています。彼らの作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)、クーパー・ヒューイット国立デザイン美術館のパーマネントコレクションや重要な個人コレクションの一部になっています。2012年のケルン国際家具見本市では主賓となり、「ダス・ハウス」プロジェクトを初めて披露しています。2013年、2人はベルギーのグラン・トルニュ美術館のメイン展示「エブリデイ・インディアン・オブジェ」のキュレーター兼デザイナーとして招待されました。

Projects for B&B Italia

Show more products