B&B ITALIA MAXALTO

ANTONIO CITTERIOアントニオ・チッテリオ

アントニオ・チッテリオは1950年、メーダに生まれました。1972年にデザインオフィスを設立し、1975年にミラノ工科大学の建築学部を卒業しました。1987年から1996年まで、テリー・ドゥワンと共同でヨーロッパや日本で建築物のデザインを手がけました。1999年、パトリシア・ヴィエールとアントニオ・チッテリオ・アンド・パートナーズを設立。このオフィスでは、高い専門能力を持つコンサルタントによる質の高いネットワークとの相乗効果を生み出しつつ、あらゆる規模の総合施設を開発する長期的プロジェクトを国際レベルで手がけています。扱っている分野としては、都市計画、住宅用と商業用の複合建築施設、生産設備、公共建築物の保存的再構築、及び、作業用、事務用、ショールーム、ホテルなどの空間計画があげられます。また、一時的なイベントや展示会といった企業広報やプロジェクトの分野でも積極的に活動しています。数多くの国内外のデザイン・コンペティションに参加し、UNI EN ISO 9001:2008認証も取得しています。2009年9月には、名称を「アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール・アンド・パートナーズ」に変更しました。現在、アントニオ・チッテリオは、工業デザイン分野で活動しており、アンソルグ、アルクリネア、アクサー・ハングローエ、B&B ITALIA、フレックスフォーム、フロス、フュジタル、エルメス、イッタラ、カルテル、MAXALTO、サニテックグループ、テクノジム、トレピュ、ヴィトラなど国内外の企業と協働しています。1987年と1994年に、アントニオ・チッテリオはADIによるコンパッソ・ドーロを受賞しています。2006年からは、メンドリジオ建築アカデミー(スイス)にて建築デザインの教授となり、2008年には、ロンドンの英国王立芸術協会よりその功績を称えられ、王室工業デザイナーの称号を授与されました。また、文化財・環境保護省(現:文化財・文化活動省)が設立したイタリア・デザイン・カウンシルのメンバーにもなっています。

Projects for B&B Italia

Show more products